タグ別アーカイブ: SCSI

SCSI世代のサーバーを撤去

image

 

今年必ずやりたかった、SCSI世代のサーバーの撤去
今月初めに、ネットワークのバックボーンを10倍の帯域にし、次にやりたいことは、サーバーを減らすことでした。

SCSIからSASに変わったぐらいからサーバーの性能が劇的に向上しました。

それと、自分の中でも運用するサーバーに求める仕様がほぼほぼ決まってきたのもあり今回大幅リストラです。

求めるサーバーのスペック

  • フロントのホットスワップHD(15000rpm)
  • ホットスワップ電源
  • CPU2機実装
  • メモリ64G以上
  • モニター端子が前面にある

自宅サーバーから始めて(と言っても、回線5本ぐらい引いてましたが。僕の中での自宅サーバーは、回線の品質のこと。帯域保証無しやSLA回線でない物は全て自宅という範疇)、全体で1日1000万PVを越すトラフィックを提供するようになった現在、いろいろな物が見えてきました。

最近不要かなと思っているのがUPS。
大規模障害が1度おこったことがあるのですが、その時もUPSの故障。
都会の商業地域に建物丸ごと借りてデーターセンターを構えるメリットは停電が起こらないことで、今のデータセンターを構えてから(12年?)、瞬停が数度起こった程度です。
瞬停と言っても、電圧の低下程度でした。

問題は、コンセントをNEMA30に統一しちゃってること(200V除く)。UPSつなげる前提でのコンセントにしちゃってます

 

話は戻りサーバーの廃棄
業としてデータセンターを運営していると、スペアサーバーやパーツのストックも抱えておかなければならず(保守サービス入っていても、30分で来てくれるわけではないので)、どうしても物が多くなります。
前回は約1トン。その時は、フルサイズのコンテナを借りていたので置く場所には困らなかったのですが、今は手狭です。

車輌はライトエースバン
ガラスが割れるのは避けたいので、ガラスぎりぎりの量で抑えました
果たして何キロなんでしょう

捨てるサーバーを選定し、整理に8時間。
積み込みに3時間を要しました。

今回は、羽曳野の大畑商事
サーバー屑やいろいろな廃棄物を取ってくれます

サーバーやパソコンの処理って金が要ると思っている人が多いですが
特に、サーバーは1台20キロ以上する物がほとんどですから、近くにあれば利用するのも手かも

今回は、純然たるサーバーだったのですが
メモリが付いてないという理由で、パソコンにされちゃいました
既に疲れていて、文句言う気力もなかったので、そこはスルー。

image

image

 

あの量で、740キロ。
良く1人で積み込んだ物ですw

image

 

ご褒美で天神旗の極老
ここの豚骨は脂を添加してない豚骨では関西最強と思います。

この太い麺が濃いスープを受け止めます!
いつもはニンニクも入れないのですが(最近からだが受け付けない)、かなり入れました・・・・

image

 

そこからのよかたん!
汗流しましたともw

ここで売っている卵が美味しいのです

image

 

抜いたパーツの数
結構メモリがあります。SCSIは使いようがないので(と言っても、まだ、100本近く残ってる)、大容量以外は全てつけっぱなしで。

かなりスペースが出来たので、データセンターの整理です。
この勢いで、色々整理したいです。

 

その前に病院行かないと・・・・・・

SCSIディスク 交換

 

 

サーバーのお仕事公開♪image

 

既に7年ほど活躍している、WEBサーバーのHDエラーランプが点灯

image実物を見た人は少ないかも知れない、ULTRA320 SCSI 36.4G 15Kのディスクw

ちなみに、未だにストックは50本以上あります。
ホットスタンバイも一本備えているのですが、不安なので、抜き換えます。こういう場合、ホットスワップが安心♪

無事抜き換えるだけでリペア開始です。
作業終了。

Raidだから安心と思って居る方

一度でもリカバリーさせてみると判りますが、コールドスタンバイでリペア掛けると、割と時間かかったりしますので、注意。

しかし、2.5インチのSASにほぼほぼ統一しているので、久しぶりにSCSI見ました。