タグ別アーカイブ: CentOs7

ffmpeg + centos7 yumでインストールしたい

タイトル通り
ffmpeg + centos7  yumでインストールしたいです。

動画のコーデックって
昔、色々追い詰めました

これ、突き詰めるとしんどいんです。

  • 映像見え無い
  • 音が見え無い
  • 画像が粗い

すぐ、発生します
サーバーだけ、やってるとそんな機会には出くわさないのですが、色々勉強させられました

そして今サーバーです。

動画配信に関して、ASP的に発展させると言うことで、まずはベースの設計です。

その基本のffmpegのインストール

apache+php の環境前提で
php-ffmpeg使うかも・・・・・・・・

プロなら、思いっきりカスタマイズしろよと言われそうですが
楽に管理したい^^;

ではスタート

下準備

EPELリポジトリ導入
rpm -ivh http://ftp.riken.jp/Linux/fedora/epel/7/x86_64/e/epel-release-7-5.noarch.rpm
vi /etc/yum.repos.d/epel.repo

yum-prioritiesプラグイン導入
yum -y install yum-plugin-priorities
vi /etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo
priority=1 を加える
RPMforgeリポジトリ導入
wget http://pkgs.repoforge.org/rpmforge-release/rpmforge-release-0.5.3-1.el7.rf.x86_64.rpm
yum -y update rpmforge-release

CentoS7 だけでなくCentOS6もいける感じです

rpm --import http://packages.atrpms.net/RPM-GPG-KEY.atrpms
rpm -ivh http://dl.atrpms.net/all/atrpms-repo-6-7.el6.x86_64.rpm
yum -y --enablerepo=atrpms install ffmpeg ffmpeg-devel

これで完了。

色々悩んだけど、これが一番スムーズかな。

yum install php-ffmpeg

↑php-ffmpeg入れる時はこれ

 

そして、コンパイルして入れる場合の基本

#yum groupinstall "Development Tools" "Development Libraries"
#git clone --depth 1 git://github.com/yasm/yasm.git
#cd yasm
#autoreconf -fiv
#./configure 
#make
#make install

 

# cd /usr/local/src
# git clone git://git.videolan.org/x264
# cd x264
# ./configure --enable-shared
# make
# make install

 

#git clone --depth 1 git://git.code.sf.net/p/opencore-amr/fdk-aac
#cd fdk-aac
#autoreconf -fiv
#./configure
#make
#make install

 

# cd /usr/local/src
# git clone git://source.ffmpeg.org/ffmpeg.git ffmpeg
# cd ffmpeg
# ./configure --enable-gpl --enable-nonfree --enable-libfdk_aac --enable-libx264
# make
# make install

それと
このインストールだと必要なことが

ffmpeg: error while loading shared libraries: libx264.so.146: cannot open shared object file: No such file or directory

こんな感じのエラーが出る

/etc/ld.so.conf

に、/usr/local/lib を追記

その上で

# ldconfig

これで使えるようになる

参考は

https://trac.ffmpeg.org/wiki/CompilationGuide/Centos

 

あとACCの問題は、チェックが必要かも

どういう入れ方しても引っかかる
調べて見ると、新しいffmpegとAACの依存症

aac -strict experimental

必要らしい。。。。

しかし、動画関連コーデックは難しい

 

久しぶりにサーバー三昧

近日中に設定が必要なAPサーバーのために、サーバー三昧
実機、仮想マシンフルに使って何度もインストール、再インストールを繰り返しています

APサーバーの設定も目的なのですが
今回それに付随して、試しているのは、PHP とDBのバージョン

何度も、テストして、決めたバージョンで、試験マシン、仮想マシンでも問題無かったのですが、いざ実機を確認したら、バージョンが違っていました。
正確には、インストールされていたが、細かい部分が異なっていた。

これは、僕の凡ミスも有りますが、何故違うのか?

僕にとっても衝撃でした。
少なくとも100度くらいは、汎用的なインストールを試行し、問題無いことを確認した結果です。

 

 

さぁ、もう少しサーバー三昧の日々を送りそうです

そして、少し気になったこと

5月初旬の順位変動は、Googleの”クオリティ・アップデート”によるものと、Googleが認める。 SEO Japan

ここ最近、管理しているサイトが平均して10%から15%アクセスアップしているのは、気付いていたのですが、ひょっとしたら、これが原因なのかもと思ってしまいました。

 

iproute2

自分用メモ
1年ぐらいは、絶対忘れそうなので

RHEL7 CentOS用に

net-tools パッケージとの対応表
Deprecated Linux networking commands and their replacements | Doug Vitale Tech Blog

wikiでの解説

覚えたくない人に
便利なツール
ダメ出しBlog様
https://fumiyas.github.io/2013/12/23/linux-legacynetcmd2iproute2.sh-advent-calendar.html

 

とりあえず、絶対に、ifconfig を打ってしまいそうです

CentOS7アプリ環境

標準では
httpd2.4.6
php5.4
MariaDB 5.5.4

この構成なので

PHPを5.5にしてみる

wget http://remi.kazukioishi.net/enterprise/remi-release-7.rpm
wget http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/beta/7/x86_64/epel-release-7-0.1.noarch.rpm
rpm -i epel-release-7-0.1.noarch.rpm
rpm -i remi-release-7.rpm
yum  install –enablerepo=remi-php55 php
yum  install –enablerepo=remi-php55 php-gd
がうまくいかなかった
Requires: libgd.so.3()(64bit) エラー

yum –enablerepo=remi install gd-last
で解決
yum –enablerepo=remi-php55 install php php-common php-mbstring php-pdo php-cli php-devel php-gd php-mysql
yum install mariadb-server

APCをインストール仕様とすると駄目で
make: *** [apc_compile.lo] Error 1
ERROR: `make’ failed
調べて見るとPHP5.5 からはopcacheらしい

yum install –enablerepo=remi-php55 php-opcache

とりあえずの、アプリケーション環境構築