タグ別アーカイブ: 政治

裁量労働

早い物で3月

ある程度、2018モードにはなっているのですが
やる気が落ちてこない

裁量労働
単語として、知らなかったのは、不勉強ですが
相も変わらず、不毛な議論

国会中継に出ることが野党のお仕事そのままで
目立つのは、良いと思うのですが、もっと日本をよくする議論をして欲しい

官僚のミス何処をほじっても、それのみのはずで、 そんな揚げ足取りは、もう飽きてるはず

http://diamond.jp/articles/-/161862

 

伊調さんの問題

http://www.hochi.co.jp/sports/etc/20180301-OHT1T50251.html

相撲協会と貴花田親方の問題と同じになりそうな感じですが

事実は別として、問題が起こる以上、そこに問題が有り
一つ一つ出てきた事象は、多分、それぞれに何らかのことがあるんでしょう

ただ、相撲協会の時に、貴闘力が語っていた表現が一番有っているような気がします

今回の件で言うと、栄さんは、多分、最初のインタビューそのままで、圧力や、嫌がらせをしたと思っていない。
つまり、自覚が無いし、伊調さんに対して、悪いとも思っていない。

そして、栄さんを中心にして回っている女子レスリングでは、栄さんに対しての忖度が有った。

それの積みかさねの結果では?

こういう争いごとは、両者の意見と、背景を聞かなければ、真相なんて判明しないし、どうでも良いんだけど、袂を別つ時に、金やしょうも無い理由じゃ無ければ良いなと願うだけです。

 

さぁ、頑張ります

安倍政権 解散

安倍政権が解散しました

政治団体としてのNANIWAワイワイCLUBのネットプロモーションを引き受けた立場だと、この解散に関しては、大きな意味を持ちます。

批判は簡単

・アベノミクスの評価
・消費税増税
・選挙を行えば、議席が減る(自民)

課題も多いです
その中で、なぜ解散して、この動きなのか?

プロモーションをやっていると、まず目的ありき
そのなかで、表面的な動きが決まります
業界にいる方はご存知の通り、政治は大きいプロモーションです。本当の意図は何だろうと考えてしまいます。

その上で大阪です

昨日、プロモーションビデオの打ち合わせする途中
初めて聞いた、今後起こりうるであろう、プランの中には
テクニカルな内容すぎて、想像すらも及ばないものでした
やはり、座学で学べる内容は、机上の空論だということを身を持って経験しています。

 

・自分が思う、政治論評

・プロモーションを行う立場での意見

様々な思いが交錯しますが
全てが、僕の経験になると思い、今与えられた立場でフルに活躍したいと思っています。

さぁ、選挙の結果はどうなるのでしょうか?

ネット選挙の使われ方も含めて、注視したいです。

最近の政治

消費税、増税するのか否かを決断する前に
政治が動いています

出張中に起こった、小渕優子氏の問題

http://www.huffingtonpost.jp/2014/10/19/obuchi-yuko-resigned_n_6011956.html

そして、これが起点となり
小渕、松島両大臣の辞任までになりました

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NDL10J6JTSEE01.html

これって、良くありがちな、官僚のリークとかだったりするのでしょうか?
消費税増税しろみたいな

しかし、政治家と金の問題
小渕氏は少し可哀想だなぁと思う

西宮の議員と違い、あのレベルになると、完全に人任せだと思います
勿論、監督責任は彼女にあるでしょうが、あれは、スタッフの責任ですよね。そこまで触れる時間は、一切無いはずなので。

そして、もう一人の大臣松島氏

実は、NPOの事務所があるところが、選挙区で代表もよく知っている人でした。勿論、クッキーのことも知って貰っています。

ただ、大臣になり、後援会で言ってた言葉を話で聞いていたので
この人大丈夫なのかな?と思って居たのですが、やっぱりでした。

しかし、安部政権、政局にとっても、重要な局面になりそうです

 

そして、大阪です。

橋下・大阪市長と桜井・在特会会長が面談 主張は平行線

http://www.asahi.com/articles/ASGBN6KSDGBNPTIL020.html

これ、誰特?なんでしょうか

本当に、意味がわかりません

大阪市長、統一地方選挙大丈夫でしょうか?
市議会も、県議会も・・・・・・・

 

国会議員も、地方議員ももっとやらなければいけないことは多数あるはず。ほんとに、頑張って欲しいです

 

追記こちらにネタが
井戸まさえ
小渕大臣政治団体不透明資金問題   政治家行事には「動員」でタダで参加する「ご招待」な人々がいる

http://blogos.com/article/96734/

長谷川豊
小渕優子さんの一件の裏にあったこと
http://blogos.com/article/96821/