タグ別アーカイブ: プロモーション

2017 衆議院選挙 を見て

今回の選挙戦
マスコミ
政局も含めて興味深い動きだった

個人的には、強い日本を作ってくれる人が良いと考えていて
何か問題有ろうとも、安部総理大臣だと思っています。
政治は国家観ありき、そこを語らず、心地良いことばかり言う奴が
何も出来るわけが無い。
平和は降ってこない。日本語と海で守って貰えるの幻想は早く変えた方が良いと思っています。
今回の選挙戦を見て、改めて思いました
選挙に受かることだけしか考えられない人達に、何も出来るわけがありません。
森友、加計問題
マスコミは煽りまくるが
一体何が問題だったのか?

悪魔の証明と首相が言ったとおり
言われた側が全てを証明しないと駄目なのか?

加計もシンプル
発端が、公務員としては犯罪者レベル(天下り斡旋、風俗?)
そこを起点として出てきた問題を、想像でどうして寄せていくのだろうか?
マスコミ、質問共に、誘導しているだけ。
デルで無いじゃ無く、妄想の世界。

僕としては、文科省に大学の許認可すら無く、申請を受け付ける事を許可するだけ
その部分が特区でうごいた
と言う事実の方が驚きました
横にそれましたが
東京都も無茶苦茶にしている小池さんが
メディアを使って、希望の党を作り

民進党を割って、合流した前原氏

ここで一気にと思ったら、
枝野氏が・・・・・・・
そちら組は、その前の動きは無かった事になってるし
今回は、自公以外がまとまれば、風が吹く可能性があったが故に
あの流れは、野党側から見ると勿体なかったです。
この間の、テレビ、新聞、政治家の発言の推移
本当に興味深かったです

言ってることは、安倍反対、自民反対だけ
倒すことが目的で、それ以後のビジョンが一切無い
もっと言うと、倒れるとも思ってないと追います

 

改めて、情報伝達や、プロモーションの重要性
印象操作というのは凄いと感じました

 

興味深い選挙区は
東京3区 民進党を支えるとテレビで断言してたのに、希望に移った松原氏
奈良1区 馬淵さん落選、、、ここは盤石のはずだったのに・・・・
愛知7区 山尾氏、政活費と不倫があっても、しらばっくれたらどうにかなるという例を残してくれと思うホントに、心が強い人なんだと思う
ここから、強い日本を作って欲しい
憲法とか、細かい事はどうでも良い。
日本の、国民と領土を守れる国になること
これを実現して欲しいです。

18歳選挙権が6月19日施行されました

18歳の選挙権が 6月19日から施行します

 

総務省のプロモーションページ
http://www.soumu.go.jp/18senkyo/

18から20歳の世代が加わる事によってどこまで変わるのか興味津々です。

この世代が加わる事によって、ネットのプロモーションはかなりウェイトを置かれる事になるでしょう

従来の選挙戦は、知っている人なら判るとおり組織の勝負でした(濁した表現です(^^;))

都知事選の家入氏の得票数
前回の統一地方選の東京エリアでも経験したのですが
ネットで選挙戦は、効果的である事が判りました。

どこまで変化するのか、楽しみです
まずは、参院選?都知事選になるのかな?

投票率も含めてどこまで変わるのか楽しみなところです。
18歳までの引き下げで、選挙権を受ける方は、とにかく選挙に行って欲しいです。

並行して面白いなと思ったのは

18歳の選挙権のプロモーション
http://www.soumu.go.jp/18senkyo/

プロモーションに力を入れている弊社ですが
本当に参考になります

サイトにも力はいっているし
サブコンテンツの力の入り方が違います。

 

色々考えさせられますね

さすが○○と言うところでしょうか?

18歳選挙権でどうなるか、本当に楽しみです

 

WEB広告

広告に関しては、如何に上流で話が出来るかがポイントと思っています

プロモーションと広告は別で

古くからネット広告

つまり、WEB媒体を持っていた人はバナー広告を貼ることで収入を得ていました

今だと考えられない話ですが

クリック広告、ワンクリックで100円とか普通の時代です

その上で、Q2接続や、海外接続など

ITバブルのほとんどの人は、この辺で大もうけした人が多いと思っています。

ちなみに、海外接続が終わった頃から、アフィリエイトなどの広告がはやってきました。

いわゆるカリビアンとかを運営するDTIなどです。

 

話は戻し、広告を上流工程で取るのが如何に重要か?

弊社にサーバーの相談をしてくる方は

サーバー代金と儲け金額の勘定で相談をしてきます

数多くの人気サイトがこれで閉鎖されました。
サーバー料金は安くなってるじゃん

普通の方はそう思われるかもしれませんが
唯一ムーアの法則に乗ってないのは、回線代金です。
正直20年前よりは少し安くなっていますが、そんな程度です。
それ以外は、品質が悪い回線を織り交ぜながら企業努力で成立させています。

それだからこそ、負荷が掛かっているサイト&サーバーは普通に切られていきます。

だからこそ、そこを企業努力でこなせたサイト以外は、かなりつぶれました。

そして、そういうときにオーナーと話をするのが広告料金です
広告代理店も、アフィリエイトにまとめたがるのは理由があります。しかし、この時代でも、月極の広告は存在し、それでカッパいでいる人は、どこまで上位の人を出向先として持っているかが勝負になります。

ちなみに、僕が聞いたワンバナーでの最高価格は300万円でした。

 

その流れで、今回の話

我がグループで3サイトで1日500万PVぐらいのサイトがあります

そのサイトの月極広告での話

1番PVが有るのが私が持っているサイト

しかし、そのサイトが他の2つのサイトの10分の一しかないという問題でした。

前置きが長かったのですが、これから、原因究明です。
アクセスそのものは、高いままなので、なぜそのサイトだけ低いのか?

どういう結果になるかが楽しみです。

 

プロモーションすること

ここ数件同じような質問が全く異なる業種であったので少し思うところを書いてみる

ITやWEBは特別ではないと言う事

なぜか、ITというと構えてしまう人が多いのが事実
あくまで手段の一つと捉え、アプローチすることが必要です

調べて見ることは大事だが、自分で簡単にできるほど甘くない

個人事業主や、数人の従業員を雇っている規模の事業者に多いのですが、ウェブサイトを作ったり、ブログを作って運営する迄ぐらいは非常にハードルが低いので、全てを自分でやろうとする人が居ます。

作る事までは誰でも出来るかも知れませんが、最新のWEB技術は様々な技術の集合体です。その上でプロモーションと紐づけてアプローチできる人は少ないです。

スタートアップの経費を使えない時ならまだしも、自社だけでやるのが本当に正しいアプローチなのかは、一歩踏み出す前に考えた方が良いでしょう。

もし後で気付いて
・費やしたコスト(時間と労力)
は、そのまま無駄になることが多いです。

何が目的なのかはっきりさせる

業種によって、何が効果的な手段かは変わります
世界に向けて物販するのと、美容院、歯医者、士業とは求める地域属性も、ターゲットも異なります

商売なら、普通に考えられるのに、ITに為ると盲目になる人が多いです。

結局、当たり前の事の積み重ねでしか結果は出ません。
しっかり、リサーチしながら、論理立ててアプローチすることが必要です。