ISIL ジャーナリスト殺害の件

敢えてここまで触れてきませんでしたが、少しだけ思うことを

  • テロはテロだと言うこと
  • ジャーナリストは自己責任で行った
  • 日本は、こういう場合に国民を守る手段を持ち合わせてない

テロはテロだと言うこと
命が天秤だったので、様々な意見が出ましたが、相手はテロ。つまり犯罪者なのです。

ジャーナリストは、自己責任で行った
それ以上でも、以下でもありません。偶然巻き込まれたわけではないって事です。

 

最後に
日本は、これから、テロに立ち向かわなければならない
急に語られ始めましたが、それこそ平和ボケではないでしょうか?

今回の件、安倍首相を批判する人が多くいます

しかし、軍事オプションが無い
国のトップがやれることなど、たかが知れています。

安倍首相は、国民を守るには、憲法9条の改正が必要だと、改めて痛感したのではないでしょうか?

真に国際化というのであれば、テレビの向こう側の出来事ではなく、現実感を持って、今回の事件を考えた方が良いのではないかと思いました。

 

IT関連のお仕事トラブル、弊社の失敗事例編1

失敗例、ご紹介。

事例は、広告代理店

WEBやITに光明を見て
紙ベースの代理店から独立した会社です

独立時、サーバーは出世払いで、格安でとお願いされました
当時は、専用サーバーで5万円くらいのを使っており
どこかのタイミングで弊社に移そうと言う内容でした。

当時は、50サイト弱
まだ、WEBアプリ化への過渡期で
静的ページから、管理画面を作り、誰でも管理できるようにしようという時代でした。

続きを読む

Google ウェブマスター向け公式ブログ: 地域対応ページのクロールとインデックス登録

Google ウェブマスター向け公式ブログ: 地域対応ページのクロールとインデックス登録

http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2015/01/crawling-and-indexing-of-locale.html?utm_content=buffere60cc&utm_medium=social&utm_source=twitter.com&utm_campaign=buffer

それほど、影響ないかなと思っていたのですが、かなり影響が出ておりました。

極端な話でいうと、ビッグワード一つで1ページ目に出たりすることです。
地域対応の前は、その単語では10ページ内でも掛かっていませんでした、。

現段階で印象が強いのは、モバイル。
モバイル対応サイトが有る、無しに関わらず、結果がばらついていることです。

検索エンジンや、SEOに関してここ数年の動きを見ると、ユーザーにあわせて、検索結果の表示が常に変わっていることを感じてきておりました。
そして、地域情報も、必ず加味されると言うのは、予測できたことでした。

しかし、検索結果が、個人によって大きく様変わりしていくと、今とは違うSEOが必要になってくるような気がして為りません。

SEOの未来は、どんな方向になっていくのでしょうか?