タグ別アーカイブ: SEO

切り替えて

さて、切り替えてプロモーション関連

昨日は、新聞社の人とずっと話をしていたので(と言っても、IT関連の部署だけど)

 

面白い記事を見つけました
YouTube関連の記事です

 

「好きなことで、生きていく」と言っていた皆さんはその後お元気でしょうか

http://bylines.news.yahoo.co.jp/yamamotoichiro/20151207-00052199/

この辺、知っている人は知っているとおり
僕も、広告代理店から内容を聞いた話。

ぼやかして言うと、思ってもないような業界の一大プロモーションでした。

まぁ、幾ら調べても本質的な所は一切出てこないかも知れませんが、プロモーションって凄いなと思いました。

YouTuber

が儲かるか儲からないか
これも、興味深いところですが

上と下の開きが大きすぎて、関係者であっても
相当開きがあります。
正直言うと、儲けている人はすごく儲けている
本当に月100万以上のユーザーは普通に存在します。

ただ、思っている以上に儲けているYouTuberのシステムは複雑だと理解して置いた方が良いかもしれません

ただ、ある時点から
・YouTuberと言う単語
・テレビにも出演

この2点だけ言っても、テレビに出す道のりは作り、そこにお金が動いているのは事実です。これは、海外のアプローチとは異なるのが特徴です。

簡単に言うと、Googleとか、YouTubeとかのロゴを使うだけでも、秒単位幾らですからw

USTREAMの日本での衰退

これは、僕も予想外でした
ただ、これも広告業界詳しい人ならご存じの通り

ニコ動が当たり
放送系に関して、次は、ツイキャスという流れに大きい代理店の流れはなってました。何故そこなんだろうと、疑問に思っていましたが、結局USTREAMがこんな状態に・・・・・・

 

・プロモーション
・動画配信
いずれも栄枯盛衰激しいし
手法はたくさんであると言う事です

その上で、本当の情報を掴むってことは、難しいなと改めて思いました
この部分に関しては最近2つ考えるようになりました

・知らなくて良い人
・たどり着けない人
こんな人が存在するって事です

本当に奥深いです
・真の情報を得る能力
・お客様の売上向上が出来る能力
プロモーションはいつでも悩ましいです

プロモーションは、いつでも弊社にご相談くださいw

大阪ダブル選挙 維新の勝利

大阪ダブル選挙

結果は、大阪維新の会の勝利

朝日新聞のサイトより
http://www.asahi.com/articles/ASHCN4GVMHCNPTIL00P.html

個人的な興味は2点

  • ほころびが出始めた橋下政治に市民がどんな意見を出すのか?
  • 反維新がどう戦うのか?

結果は、上記の通り

完敗。
市長候補の柳本さんまでが、負けてしまいました。

想像以上に、橋下維新の人気は底堅く、反維新は駄目でした。

投票率も、想像以上に伸びず、今回の選挙に関しては、橋下さんのプロモーションのうまさが際立ったわけでも無いと思います(住民投票の時のような)

それ以上に、地方政治の疲弊に、大阪府民、市民も既に飽きてきたのではと考えてしまいました。

選択肢は、既に無い。

どっちも駄目なら、維新でもいいか、何か変えてくれそうだし・・・・・

そんなのりなんだろうと

 

今回の選挙
活動して居る人の話を聞いたり、客観的に見ることによって凄く勉強になりました。

本当に選挙って、理屈通りにならない。
そして、プロモーションの奥深さが判りました。

ここまで来たら、橋下さんにはとっとと、国政に出ていただいて、活躍して欲しいです。地方では、相当難しいと思いますが、国政の最前線に立てば、ぼろぼろの都構想で戦えた戦い方で、結果を残してくれそうな気がします。

 

 

統一地方選挙(市会議員選挙)のネット戦略(選挙)を担当して 2

実際の選挙における、ネットプロモーションを紹介します

 

かわさきひろき本人が、選挙を志したのは、橋下市長の大阪市の環境行政に関しての政策でした。

このままでは、本業にも差し支えがある

と言う思いを抱き、3年前ぐらいから活動を開始しました。

選挙の時のネットは頼むと言われ、ネット部分の全てを任されたのもその時。
この段階では、政党も、選挙区も真っさらな状態でした。

続きを読む

Googleがモバイル対応に対して検索結果に反映することを発表

http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2015/02/finding-more-mobile-friendly-search.html

ようやく日本語が出たので、掲載

Googleがモバイル対応しているページの検索結果をランキング要素として4月21日から実施します。

フューチャーフォン完全対応より、スマートフォン対応の方がハードル低いですが、これからスマートフォンページを作らないと駄目な企業はなかなか大変ですね。

しかし、地域、スマートフォン検索、スマートフォン対応で検索結果が変動する。
チェックするだけでも大変になってきましたね