ffmpeg + centos7 yumでインストールしたい

タイトル通り
ffmpeg + centos7  yumでインストールしたいです。

動画のコーデックって
昔、色々追い詰めました

これ、突き詰めるとしんどいんです。

  • 映像見え無い
  • 音が見え無い
  • 画像が粗い

すぐ、発生します
サーバーだけ、やってるとそんな機会には出くわさないのですが、色々勉強させられました

そして今サーバーです。

動画配信に関して、ASP的に発展させると言うことで、まずはベースの設計です。

その基本のffmpegのインストール

apache+php の環境前提で
php-ffmpeg使うかも・・・・・・・・

プロなら、思いっきりカスタマイズしろよと言われそうですが
楽に管理したい^^;

ではスタート

下準備

EPELリポジトリ導入
rpm -ivh http://ftp.riken.jp/Linux/fedora/epel/7/x86_64/e/epel-release-7-5.noarch.rpm
vi /etc/yum.repos.d/epel.repo

yum-prioritiesプラグイン導入
yum -y install yum-plugin-priorities
vi /etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo
priority=1 を加える
RPMforgeリポジトリ導入
wget http://pkgs.repoforge.org/rpmforge-release/rpmforge-release-0.5.3-1.el7.rf.x86_64.rpm
yum -y update rpmforge-release

CentoS7 だけでなくCentOS6もいける感じです

rpm --import http://packages.atrpms.net/RPM-GPG-KEY.atrpms
rpm -ivh http://dl.atrpms.net/all/atrpms-repo-6-7.el6.x86_64.rpm
yum -y --enablerepo=atrpms install ffmpeg ffmpeg-devel

これで完了。

色々悩んだけど、これが一番スムーズかな。

yum install php-ffmpeg

↑php-ffmpeg入れる時はこれ

 

そして、コンパイルして入れる場合の基本

#yum groupinstall "Development Tools" "Development Libraries"
#git clone --depth 1 git://github.com/yasm/yasm.git
#cd yasm
#autoreconf -fiv
#./configure 
#make
#make install

 

# cd /usr/local/src
# git clone git://git.videolan.org/x264
# cd x264
# ./configure --enable-shared
# make
# make install

 

#git clone --depth 1 git://git.code.sf.net/p/opencore-amr/fdk-aac
#cd fdk-aac
#autoreconf -fiv
#./configure
#make
#make install

 

# cd /usr/local/src
# git clone git://source.ffmpeg.org/ffmpeg.git ffmpeg
# cd ffmpeg
# ./configure --enable-gpl --enable-nonfree --enable-libfdk_aac --enable-libx264
# make
# make install

それと
このインストールだと必要なことが

ffmpeg: error while loading shared libraries: libx264.so.146: cannot open shared object file: No such file or directory

こんな感じのエラーが出る

/etc/ld.so.conf

に、/usr/local/lib を追記

その上で

# ldconfig

これで使えるようになる

参考は

https://trac.ffmpeg.org/wiki/CompilationGuide/Centos

 

あとACCの問題は、チェックが必要かも

どういう入れ方しても引っかかる
調べて見ると、新しいffmpegとAACの依存症

aac -strict experimental

必要らしい。。。。

しかし、動画関連コーデックは難しい

 

髪の毛その後

image

 

染めるの辞めて、ちょうど2月。
昨日髪をすいてみました

もうかなり白色です。
完全に抜けたらジョージクルーニーのような髪型にするかなw

 

機構のパスワード流出の件で
相談が多数寄せられました

運用の問題と言い切りましたが
運用でセキュリティを確保=安価

ではありません。

  • セキュリティアプライアンスの導入
  • ネットワークの再設計
  • セキュリティ設計
  • 上記の運用
  • 管理人の確保

これが、サーバー、ローカル、各クライアントに適用と為ると、可愛い額ではありません。

しかし運用で確保しようとしても
厳密に対応すれば、安くありません。
・最低限のハードウェアの導入
・運用ルールの策定

・管理人

この辺りは必ず必要だからです。

セキュリティや、運用に関しては、正直ここまでやったから、完全というところが有りません。

それと、もう一つ、セキュリティを上げれば上げるほど、便利さとの引き替えになります。この辺のバランスをどうするか?これも課題であり、コンサルの腕の見せ所です。

問題が起こる前に、今一度専門家に相談してみるのは如何でしょうか?

そして今回の問題で更に思ったこと。

メールの標的型攻撃

が主たる原因なのですが、やってることは、ローテクの積み重ねです。
ネットで叫ばれている議論などを見ると、非常に面白いです。
改めて思うのが、商売と同じで、押さえるところを押さえておかないと、間違うなと再確認しました。

さて、サーバーです

豚骨ラーメン

ようやく見つけたかも

image

上新庄 天神旗

 

博多だるまを食べてからプチブームの豚骨ラーメン

IMG_4843

個人的には、全く興味がないジャンルでした

なぜかというと

  • 白濁スープ
  • 細い麺
  • 決まり切った具

だからです。どこで食べても、多少の濃度の違いさえあれ、同じと思っていました。基準は、棒ラーメンか、ラ王より美味い。
しかし、残念ながら、即席ラーメンの方が・・・・

当分、食べていませんでした(基本ラーメンはインパクト系)

食欲も全くないので、とりあえず、豚骨極めてみようかと
豚骨ラーメンを食べ歩いています

食べ歩いてわかったこと

  • 豚骨クサイからクドイわけではない
  • 濃いのにも数種類ある

正直、麺と具は、似たり寄ったり。

スープもこってり、あっさりあるところがあるのですが
・スープそのものが濃い
・油を添加している
・ナチュラルな油がでているもの

この3種類あるなとわかりました
それと、白濁じゃないスープもありました。

ちなみに、最初にインパクトを受けただるまは
豚骨クサイスープ、背脂は混ざってる(後で添付しているのかは不明)、スープはざらついている
って感じでした。

ちなみに、これを食べる前に、好きだった豚骨は
・無鉄砲大阪本店(背脂添加系)
・白丸ベース(炊き込んだ系、豚骨臭さはない)

でした。

これより違う美味しいものがあるのか?

ばっこしは好きだったのですが5,6年ぶりぐらいに行くとかなり変わっていました(一番濃い奴)

神戸周辺は、割とあっさり目の豚骨ラーメンが多く
ジャンルは違いますが、やっぱり、家系の三七十屋が豚骨としては好き。
image

image

image

image

image

IMG_4629 IMG_4835

しかし、ようやく出会いました

純粋な豚骨ラーメンでは一番なインパクトに!
実は、6年前ぐらいに、バイクで向かって見つけらなかった店
支店の方には行ったことがあるのですが、その時も違うもの食べていたので、今回が初。

それが一番はじめの写真のラーメン。
上新庄にある天神旗。

極老豚骨ラーメンでした。

店は、豚骨クサイ店ですが、綺麗。

スープも超濃厚、その上で、具もしっかりした具でした。
スープに関しては、本当に好みが別れるぐらい泥どろなので、好き嫌いは別れると思いますが

そして、底の方にはザラザラの骨髄が。。。。。

ちなみに、濃厚好きじゃないと、NGですので先に伝えておきます。

多分、無鉄砲派、正統派(博多だるま、一風堂など)、好き嫌いは別れると思いますが、豚骨の1種として食べてみてって感じです。

仕事で大阪に行くと回り道して帰りそうな感じです。

日本年金機構の情報漏洩について

元セキュリティエンジニア
運用コンサルティングをやる立場から思ったこと

まとめはpiyologさんの所が詳しいので下の記事でそこで

日本年金機構の情報漏洩についてまとめてみた(piyolog)

http://d.hatena.ne.jp/Kango/20150601/1433166675

・攻撃は普通のマルウェア
・システムも当たり前のセキュリティは構築しているはず
ですので

ポイントは、

  • 職員のPCと、漏洩しては困る情報の隔離
  • 上記の環境でネットにつなげるのであれば、インバウンドは厳密に決めるべきだが、アウトバウンド側のルールをもっと縛っておくべきだった(通常はつなげないのが当たり前。)

つまり、当たり前の運用ルールを徹底して運用して無かった事が問題と思われます

所謂、単なる使い方の問題

それだけの話です

技術的な事、運用のことは、様々な人が議論をすると思われるので
そこも置いておき

頻繁に起こる漏洩問題に対しての対応&責任の取り方です

中の人は、その組織の中で重い責任はとらされると思います
世間的にどの程度の内容でしょうか?

お役所仕事と言われるように上の人ほど、3,4年で別の部署が国の組織です。その間だけ何とかなれば、逃げ切れてしまう。(ここは、日本の国が良くならない理由だと思っています、官僚が悪いのではなく、人事制度。)

必ずやるであろうセキュリティアプライアンス導入やコンサルティングを請け負う業者さんが儲かるだけなんでしょうか?

このシステム、原発問題と同じで、トラブルは起こら無い前提だったと思います。
信じられないくらいの予算が与えられ、普通に考えたら堅牢なシステムだったと思います

その次に、大規模な漏洩事件も頻繁に起こるようになりました。
ここ最近ではベネッセです。

マイナンバー導入が決まった今、もっと真剣に考えていかなければ、ならないのではないでしょうか?

個人的に、漏洩事件に一般の人が慣れてきているのも心配です
各企業のインシデント後の対応も、実際あれで良いのか心配になります。
こう言っては駄目なのでしょうが、破られたら考える。本気でそう考える人も出てくる気がします。

完璧なシステムは無い、だからこそ、今一度運用、システムは勿論ですが、セキュリティについては考えて行きたい問題です。

今回は国が起こした問題として問題は根深いです