カテゴリー別アーカイブ: プロモーション

18歳選挙解禁 公職選挙法違反(参院選公示を前に)

18才選挙解禁において、神戸新聞で下記のような記事が出ていたので、公職選挙法違反についてさらっと述べて見ます

18歳選挙

公職選挙法、はっと思いました

大学生ならまだしも、高校生の時は、かなり密なコミュニティの世界です。

そして、スマホネイティブ世代。
新たな方向で問題が出るのかどうかは、やってみないと判らないなと思いました。

怖いなと思う筋書きは、

少し賢い人にナビゲートされ、意図しないうちに選挙違反をし、公職選挙法違反で捕まり、意図しない拘留で親までコストを負担する事。

選挙が終われば、必ず公職選挙法違反が検挙されます。
学校だけでなく、親の教育も求められるのではと思いました。

 

とりあえず、簡単な事だけ解説しておきます

ちなみに、公職選挙法は、非常に判りづらいものなのです。選挙期間中も常に選管に電話掛けまくりです。
ざっくり表現すると、お金や権威を持っている人がルール無用で選挙活動しないように、制限を加えて出来るだけ、公平に選挙活動が出来るようにした法律です。

 

選挙運動

重要な定義です
「特定の選挙について,特定の候補者の当選を目的として,投票を 得又は得させるために直接又は間接に必要かつ有利な行為」

18歳以下は一切出来ません

選挙期間中は、公職選挙法によって、かなりの制限が発生します。

注意は電子メールでの選挙活動。
立候補者本人(政党)にしか認められていません

微妙なのですが、
LINEで選挙運動する事は制限されていません

もう一つ注意なのは、
模擬選挙の結果公開がNGであるという事。

これは、情報操作の意味もあるのでしょうが、本当に面倒くさいです。

まず引っかかるのはこの点だと思います
未成年ですと、親も連座責任を取られる可能性も・・・・
就職や大学決まっているのに、前科がついたとか洒落になりませんので・・・・・

 

もし判らない事があれば、地域の選挙管理委員会に問い合わせれば大丈夫です。
選挙管理委員一覧
http://www.soumu.go.jp/senkyo/senkyo_s/links/senkan/

 

資料1
http://www.soumu.go.jp/senkyo/senkyo_s/naruhodo/naruhodo10_1.html

資料2
http://www.soumu.go.jp/main_content/000382032.pdf

 

18歳選挙権解禁。

これでどうなるのか本当に楽しみです

 

18歳選挙権が6月19日施行されました

18歳の選挙権が 6月19日から施行します

 

総務省のプロモーションページ
http://www.soumu.go.jp/18senkyo/

18から20歳の世代が加わる事によってどこまで変わるのか興味津々です。

この世代が加わる事によって、ネットのプロモーションはかなりウェイトを置かれる事になるでしょう

従来の選挙戦は、知っている人なら判るとおり組織の勝負でした(濁した表現です(^^;))

都知事選の家入氏の得票数
前回の統一地方選の東京エリアでも経験したのですが
ネットで選挙戦は、効果的である事が判りました。

どこまで変化するのか、楽しみです
まずは、参院選?都知事選になるのかな?

投票率も含めてどこまで変わるのか楽しみなところです。
18歳までの引き下げで、選挙権を受ける方は、とにかく選挙に行って欲しいです。

並行して面白いなと思ったのは

18歳の選挙権のプロモーション
http://www.soumu.go.jp/18senkyo/

プロモーションに力を入れている弊社ですが
本当に参考になります

サイトにも力はいっているし
サブコンテンツの力の入り方が違います。

 

色々考えさせられますね

さすが○○と言うところでしょうか?

18歳選挙権でどうなるか、本当に楽しみです

 

WEB広告

広告に関しては、如何に上流で話が出来るかがポイントと思っています

プロモーションと広告は別で

古くからネット広告

つまり、WEB媒体を持っていた人はバナー広告を貼ることで収入を得ていました

今だと考えられない話ですが

クリック広告、ワンクリックで100円とか普通の時代です

その上で、Q2接続や、海外接続など

ITバブルのほとんどの人は、この辺で大もうけした人が多いと思っています。

ちなみに、海外接続が終わった頃から、アフィリエイトなどの広告がはやってきました。

いわゆるカリビアンとかを運営するDTIなどです。

 

話は戻し、広告を上流工程で取るのが如何に重要か?

弊社にサーバーの相談をしてくる方は

サーバー代金と儲け金額の勘定で相談をしてきます

数多くの人気サイトがこれで閉鎖されました。
サーバー料金は安くなってるじゃん

普通の方はそう思われるかもしれませんが
唯一ムーアの法則に乗ってないのは、回線代金です。
正直20年前よりは少し安くなっていますが、そんな程度です。
それ以外は、品質が悪い回線を織り交ぜながら企業努力で成立させています。

それだからこそ、負荷が掛かっているサイト&サーバーは普通に切られていきます。

だからこそ、そこを企業努力でこなせたサイト以外は、かなりつぶれました。

そして、そういうときにオーナーと話をするのが広告料金です
広告代理店も、アフィリエイトにまとめたがるのは理由があります。しかし、この時代でも、月極の広告は存在し、それでカッパいでいる人は、どこまで上位の人を出向先として持っているかが勝負になります。

ちなみに、僕が聞いたワンバナーでの最高価格は300万円でした。

 

その流れで、今回の話

我がグループで3サイトで1日500万PVぐらいのサイトがあります

そのサイトの月極広告での話

1番PVが有るのが私が持っているサイト

しかし、そのサイトが他の2つのサイトの10分の一しかないという問題でした。

前置きが長かったのですが、これから、原因究明です。
アクセスそのものは、高いままなので、なぜそのサイトだけ低いのか?

どういう結果になるかが楽しみです。

 

プロモーションすること

ここ数件同じような質問が全く異なる業種であったので少し思うところを書いてみる

ITやWEBは特別ではないと言う事

なぜか、ITというと構えてしまう人が多いのが事実
あくまで手段の一つと捉え、アプローチすることが必要です

調べて見ることは大事だが、自分で簡単にできるほど甘くない

個人事業主や、数人の従業員を雇っている規模の事業者に多いのですが、ウェブサイトを作ったり、ブログを作って運営する迄ぐらいは非常にハードルが低いので、全てを自分でやろうとする人が居ます。

作る事までは誰でも出来るかも知れませんが、最新のWEB技術は様々な技術の集合体です。その上でプロモーションと紐づけてアプローチできる人は少ないです。

スタートアップの経費を使えない時ならまだしも、自社だけでやるのが本当に正しいアプローチなのかは、一歩踏み出す前に考えた方が良いでしょう。

もし後で気付いて
・費やしたコスト(時間と労力)
は、そのまま無駄になることが多いです。

何が目的なのかはっきりさせる

業種によって、何が効果的な手段かは変わります
世界に向けて物販するのと、美容院、歯医者、士業とは求める地域属性も、ターゲットも異なります

商売なら、普通に考えられるのに、ITに為ると盲目になる人が多いです。

結局、当たり前の事の積み重ねでしか結果は出ません。
しっかり、リサーチしながら、論理立ててアプローチすることが必要です。