最近

バタバタしていて、遅れ気味
今週も色々あります

個人的には、
久しぶりに大阪の衆議院議員の政治家パーティーに行き
Webサイトの打ち合わせ
事務所の大掃除など・・・・
色々ありすぎて書き切れません

 

篠山市、氏の名前変更で住民投票を

住民投票
大阪の人にとっては、都構想の件もあり
僕の中でも、気になっていました

都構想以上にわかりやすい市名の変更
投票率や、結果非常に興味がありました

結果は
賛成、そして、市長も変更賛成派の現職が再当選

https://mainichi.jp/senkyo/articles/20181119/k00/00m/010/115000c

投票率は6割超え
票差は2千差

意外に僅差なのがびっくりでした
自分が市民だったらどうだったんだろうと、再度考えてしまいました

その次に

出入国管理、難民法の改正問題

僕も指摘されるまで実数は知りませんでしたが
日本は、国際的な定義上、既に難民大国であるという事実です。

現在、国民健康保険など、社会保障の部分で悪用が問題になっています

本質的な問題は、制度の不備があるのに、さらに人を入れて良いのか?の部分ですが、ようやく上がりかけた、日本人の賃金に水を差して良いのだろうかと言うところが一番の問題です。

人材不足

ここ最近、語られていて、実際、そうだと思います。
本当に人不足だから、足らないところは、切実な問題ですが、大企業が、安く人を使いたいだけ、そして、問題がある法案をそのために通すのであれば、再考が必要でしょう。

海外では、学生の労働を認めていません

その上で、外国人技能実習生の実態はどうなのか?
最初に指摘した、社会保障の問題、法整備、など制度上の不備。

日本は、性善説をベースに、整えられた憲法や法律で成立しています。弱者をまず守る事前提です。

竹島や、尖閣の中国、韓国の問題は、判りやすい話ですが、身近なところでも、それに似たような事例は、多数起こっています。

こういうときこそ、野党の方には、頑張って欲しいですが
良い国にするのであれば、立ち止まって考えて欲しいです

 

そして、カルロスゴーン逮捕

詳細な事実は置いておいて、有価証券報告書虚位記載は事実でしょう。

これだけでも、大問題です
そして、それを許してきた日産も同罪のような・・・・・・・

しかし、労働と収入の話

カリフォルニアでは、低所得者って1000万以下の人
海外では、初任給50万以上払わないと人が来ない、食事も2000円以上掛かる。

など耳にして、考えることを根本的に変えないと駄目だと痛感しました。

 

頑張ります