HD故障からのデータ復旧

12月から弊社は新会計年度です

今年度からは、IT系サービスに力を入れます
皆様、宜しくお願いします
第一弾、データ復旧サービスについて

元々、ストレージサーバーの運用や、バックアップのシステム構築はしてきたのですが
新たに、物理故障の対応が可能になりました。
コストが掛かるので、従来通りの方針は変わりませんが
・バックアップしてなかった
・どうしてもバックアップして欲しい
と言う要望に応えられそうです。

HDだけでなくフラッシュメディアも対応可能です
もし困った場合は、是非ご相談ください
見積もり後、全て成功報酬制です。

それよりも前に、もっと計画的なデータマネージメントの導入はお奨めします
そのデータに幾ら価値があるか?
いろんな運用の分岐点になります

 

 

弊社のデータマネージメントをご紹介します

20年ITに関わってくると、記憶媒体の故障というのには何度も遭遇します

古くは、フロッピーディスク(ぎりぎりテープではありませんでした)
から始まり、HD、CD、MO、DVDなど、数多くのメディアを扱ってきました

その上での結論は
記憶媒体に絶対は無く
データの運用(バックアップなどの組み合わせ)が必須であることです。

データは消えるかも知れない、消えたデータは、勝手に戻ることは絶対にないです。

バックアップする事は当たり前で
そのバックアップされたデータをどのようにマネージメントするか?
プロフェッショナルの仕事です。
ちなみに、弊社のデータマネージメントですが
自社に関しては、
・お客さまの領域
・自分の領域
セグメントを分けてマネージメントしています

メディアですが経験則上で言うと
・壊れるHDはすぐ壊れる(3ヶ月以内)
・そこを突破すると数年は持つ
・HDは稼働時の衝撃には弱い
・ソフトウェアRAIDは復旧が面倒
・RAIDは復旧時間まで検討する余地がある
・光メディアは、プレスでも数年持たない物がある
・光メディアは、紫外線で一発
大雑把にこんな感じです
・物は壊れる
・単体サーバーも、出来る限り最新モデルにリプレイスする
その前提での運用をしています。
自社の場合は割とシンプルで
単体サーバーは
・ハードウェアRAID1
・ホットスワップかつ、スペア1本差し
これと、外部記憶装置への保存で95%程度

・NAS(ローカル接続、SASのハードウェアRAID1)
に一時保存
そこから、重要なデータは、更に外付けHDで保存
1から2年ごとに、HDを交換しながら、古い世代を廃棄しています
お客さまに関しては、求められる条件で個別に保存
最低でも2種類以上の記憶装置で保存という形にしています

以前は、光ディスクも使って居たのですが
ここまで、データ容量が膨大になると、光メディアでは追いつかなくなりました。

今だと、AWSという選択もあるでしょうか?
ここ、最近依頼されることが、割と基本的な事に戻ってきました
HDなどが安くなった今だからこそ、バックアップを真剣に考えてみませんか?