統一地方選挙(市会議員選)のネット戦略を担当して 1

今回の選挙を通して一番大きく感じたのは、政党、組織、プロモーション

この3つの重要性でした。

その中でも、大阪は特殊なのもあるのでしょうが

  • 大阪維新の強さ
  • 民主党の凋落
  • 公明の強さ

これを、強く感じざるを得ませんでした

年末に行われた、衆院選挙で、東成区における、維新の票数、民主党の票数はおおよそ推測できておりました。

特に維新は、衆院選直前でも、橋下市長が国政に出る、でないも決まって居らず、足下の弱さが露呈されていました

それにもかかわらず、東成区での得票率は1万票を超えておりました。

そもそも、風が吹いていた、前回の地方選挙では2人出して、11000近くの票があり
人気が落ちた現在でも、同じぐらいの得票があったのです。

この事実に関しては、スタッフ一同、維新しぶといと言わざるを得ませんでした。

そして、民主党です

正直、僕は、キライデス。
それは、政権政党になった時の事実がそのままです。

社会党と同じく、政権を運営する実行力もなく、反対意見の綺麗事だけで、世の中をかき回しました。

そして、かわさきひろき候補ですが
民主党の公認を受け入れたのは、突然でした。

その流れについては、機会があれば、語りますが
そこまで、無所属で頑張ってきたので(彼の場合は、維新、自民も公認は受けれる立場でした)、余程だったのだと思われます。

結果は、民主党市会議員は全滅でした
http://www.sankei.com/west/news/150413/wst1504130013-n1.html

東成区で言うと
民主党の票を維新、共産党に持って行かれたと思われます
歩きでは、民主党に期待する声は強かったのですが・・・・・・・

 

最後に公明党

一度書きましたが
府議のトップである、待場市議の引退により新しい候補が出てきました

その上で、大阪維新と結託し、住民投票に持ち込みました
この戦犯は大きいです

  • 新候補
  • 住民投票に賛成した

この2点で、票は減ると思っていたのですが、甘かったです。
組織票恐るべしでした。

結果は、待場議員の時と1000票差まででした。

2011年統一地方選挙結果
http://www.yomiuri.co.jp/election/local/2011/kaihyou/yi27.htm#k115

2015年統一地方選挙結果
http://www.yomiuri.co.jp/election/local/2015/kaihyou/yi27.html

 

たらればはさておき
本当に維新が強いです。それに尽きます。