統一地方選挙 東成区市会議員候補かわさきひろきの選挙運動を体験して

ネット選挙戦線第一日目
かわさきひろきの市会議員候補としての一日目が終わりました

昨日統一地方選挙告示日。
4月12日投開票に向け地方選挙が始まりです。

18693_793565124073164_3330856926185744417_n

1日目、出陣式から始まり、街宣車での街宣。
20時迄慌ただしい一日を送りました。

結局片付けも含めて、一段落したのは24時。
多くのボランティアや、スタッフが動いても、これだけ、忙しいのかと感じ、

エリアが狭い、市会議員でこれです。
ここから広くなると思うと・・・・・・大変だなぁと思いました

話は変わり
業界を変えるために政治に立つ
と驚きの発言を聞いたのは、数年前。

その時は、維新塾の一期生でした

勿論、どこで立候補するかも含めて、詳細なことは決まってませんでした。

会社経営、業界団体の理事、大阪JCなどの経験を経て、彼は成長をし、友人の目線から見ても、数年前の彼とは別人のようになりました。

冷静に、今回の東成区の選挙選を分析すると

・自民、公明、維新が盤石
まともにいけば、つけいる隙が無い
・当確ラインは6000票(20%の得票数)

と言うのが、東成区の市会議員の現状です。

その上で、昨年の衆院選、維新に1万以上もの票が集まりました。
ただ、少し変わったのが、公明の待場市会議員の引退です。
公明党の府議の重鎮です。

これが、どこまで影響するか?
それと、かわさきひろき君の地道な活動です。

劣勢には代わりありませんが、少し明かりが見えてます。

ネットでどこまで応援出来るか判りませんが、頑張ります。
現場を経験しながら、色々見えてきました。

 

大阪都構想反対、東成区から大阪市を変える男
かわさきひろきをどうか、応援よろしく御願いします。