お客様を喜ばしたい

ここ二年ぐらいおつきあいしているイケメン社長

仕事を頂くだけでなく、いろいろな意見交換や、アドバイスも頂いて居ます。

その社長から聞いた言葉。

お客様を喜ばしたい、満足して貰いたいから仕事をしている。

少し前に聞いた、

問題解決をするのが技術者の仕事だ。

と、少し被りますが、

はっとすることがありました。

特に、サーバー関連の場合
困っているからこそ、ウチに頼むのであって、忘れがちですだからです。

そして
イケメン社長です、技術は勿論ですが、巨大なバックボーンを背景に、上手く仕事を回しているのだろうと考えて居ました。

けれども、実のところ、上記のお客様を喜ばせたいと言う思いをあらゆる場面で貫き、行動していた結果だけだったのです。

つまりクライアントを喜ばせるために、

  • 価格競争に負けないスキルを構築する
  • クライアントの要望を最大限に引き出す、交渉術を身につける
  • クライアントにきちんと伝達する
  • お金を得るためだけの仕事を取らない(その仕事は、疎かになる)

これを実践してきただけだったのです。
その結果、彼はデザインスキルを構築し、周りにも人が溢れ、仕事も断る方が多いぐらい案件が回っています。

そして、よく働いています。
家では仕事をしないらしいですが、逆に言うとそれ以外全部仕事と言うことです。今の世の中だと、ブラックなのかも知れませんが、週休2日、8時間労働ではないようです。

仕事の打ち合わせをしている合間に、今後のあり方、考えなどを色々聞かせて頂きました。
スペシャリスト且つ、プロデューサー目線が必要。この辺は、考えも近く、その上で、WEB周りの将来などの話も非常に勉強になりました。

良いことも悪いことも同時に起き、落ち着いて考える事も出来無かったのが、この数年でした。イケメン社長の言葉を聞いた時に、真面目にコツコツやる。これが基本だと痛感しやる事がはっきりしたような気がします。

貴方のクライアントが求めているのは、技術や、サービスの押し売りではないかも知れません。

お仕事の打ち合わせなのに、僕が勉強をさせて頂きました
私は、2015年、どれだけのクライアントを喜ばせることが出来るだろう?と投げかけながら、もっと意識して、問題解決に臨みたいです。