18歳選挙解禁 公職選挙法違反(参院選公示を前に)

18才選挙解禁において、神戸新聞で下記のような記事が出ていたので、公職選挙法違反についてさらっと述べて見ます

18歳選挙

公職選挙法、はっと思いました

大学生ならまだしも、高校生の時は、かなり密なコミュニティの世界です。

そして、スマホネイティブ世代。
新たな方向で問題が出るのかどうかは、やってみないと判らないなと思いました。

怖いなと思う筋書きは、

少し賢い人にナビゲートされ、意図しないうちに選挙違反をし、公職選挙法違反で捕まり、意図しない拘留で親までコストを負担する事。

選挙が終われば、必ず公職選挙法違反が検挙されます。
学校だけでなく、親の教育も求められるのではと思いました。

 

とりあえず、簡単な事だけ解説しておきます

ちなみに、公職選挙法は、非常に判りづらいものなのです。選挙期間中も常に選管に電話掛けまくりです。
ざっくり表現すると、お金や権威を持っている人がルール無用で選挙活動しないように、制限を加えて出来るだけ、公平に選挙活動が出来るようにした法律です。

 

選挙運動

重要な定義です
「特定の選挙について,特定の候補者の当選を目的として,投票を 得又は得させるために直接又は間接に必要かつ有利な行為」

18歳以下は一切出来ません

選挙期間中は、公職選挙法によって、かなりの制限が発生します。

注意は電子メールでの選挙活動。
立候補者本人(政党)にしか認められていません

微妙なのですが、
LINEで選挙運動する事は制限されていません

もう一つ注意なのは、
模擬選挙の結果公開がNGであるという事。

これは、情報操作の意味もあるのでしょうが、本当に面倒くさいです。

まず引っかかるのはこの点だと思います
未成年ですと、親も連座責任を取られる可能性も・・・・
就職や大学決まっているのに、前科がついたとか洒落になりませんので・・・・・

 

もし判らない事があれば、地域の選挙管理委員会に問い合わせれば大丈夫です。
選挙管理委員一覧
http://www.soumu.go.jp/senkyo/senkyo_s/links/senkan/

 

資料1
http://www.soumu.go.jp/senkyo/senkyo_s/naruhodo/naruhodo10_1.html

資料2
http://www.soumu.go.jp/main_content/000382032.pdf

 

18歳選挙権解禁。

これでどうなるのか本当に楽しみです

 

18歳選挙権が6月19日施行されました

18歳の選挙権が 6月19日から施行します

 

総務省のプロモーションページ
http://www.soumu.go.jp/18senkyo/

18から20歳の世代が加わる事によってどこまで変わるのか興味津々です。

この世代が加わる事によって、ネットのプロモーションはかなりウェイトを置かれる事になるでしょう

従来の選挙戦は、知っている人なら判るとおり組織の勝負でした(濁した表現です(^^;))

都知事選の家入氏の得票数
前回の統一地方選の東京エリアでも経験したのですが
ネットで選挙戦は、効果的である事が判りました。

どこまで変化するのか、楽しみです
まずは、参院選?都知事選になるのかな?

投票率も含めてどこまで変わるのか楽しみなところです。
18歳までの引き下げで、選挙権を受ける方は、とにかく選挙に行って欲しいです。

並行して面白いなと思ったのは

18歳の選挙権のプロモーション
http://www.soumu.go.jp/18senkyo/

プロモーションに力を入れている弊社ですが
本当に参考になります

サイトにも力はいっているし
サブコンテンツの力の入り方が違います。

 

色々考えさせられますね

さすが○○と言うところでしょうか?

18歳選挙権でどうなるか、本当に楽しみです