仕事の精度

気負いは一切無いのですが、

勝てる勝負をする

その過程の中で、自分が想う仕事の精度が、少しずつ落ちていたのかも。若い時は、お客様の要求に合わせて、ガムシャラに動くだけで良かっただけでした。勿論、背伸びした仕事もあったかも知れませんが、精一杯の努力で、お客様の求められる物に応じてきたつもりでした。

その反動が、適当な返事が出来無くなったこと。
ちょっとしたシステムでも、トラブルになってから考えれば良い、とか色々考えてしまい、見積もりすら安易に解答できなくなりました。
運用は、何も起こらなければ、経費だけ掛かると思われ、トラブル時は、責任だけ押しつけられる分野です。

単に動く事と、責任を持って動かすことは、違うのです。
僕が、コードが多少書けようが、プログラマーと言わないのは、そういうことです。

飲みの席で、お客の問題解決出来るのが、技術者だとSlywakerさんに言われてはっとしました。

自分は、お客様の問題を解決しているだろうか?と

そして、ここ最近のお客様のやりとりで更に思うことが多かったです

勝てる勝負を考える過程で、ぬるま湯につかっていた自分がいたかも知れません。

今一度、

  • 自分の仕事の精度は大丈夫か?
  • お客様の問題を解決しているか?

を常に自問自答しようと猛省しました
恐らく、今は僕が羽ばたく為の最後の壁です。
ここを乗り切れれば、僕が思うビジネスを展開できる自信があります
プロモーションと一言で括っていますが、単にしゃべりではなく、分析と提案のロジックの積み重ねと私は考えて居ます。そこには、やはり、エンジニア力が必要です。

さぁ、後一歩です