造られるキーワード

イケメン介護男子

WBSの特集で見た言葉

介護報酬の引き下げや、10年後に30万人不足されるとする介護従事者を想定し、キーワードから、従事者を増やそうとする魂胆らしい。

介護人材確保地域戦略会議が行われ、介護男子スタディーズプロジェクトが発表、その中のキーワード。

目的は、高校の進路指導の先生、介護人材の掘り起こしらしい

 

そして、大阪では 毒まんじゅうというキーワードが駆け巡っています

大阪都構想に関して、付随しているキーワードです。

http://www.sankei.com/west/news/150226/wst1502260083-n1.html

発端は、大阪のテレビ番組の自民党市会議員柳本氏の発言

http://www.nikkansports.com/general/news/1433260.html

大阪都構想も言ってみればキーワード。

 

この造られるキーワード。

コピーと同じで、誤解も招きやすい。

しかし、プロモーションとなると、この言葉の選択、作成って非常に重要になる。

そんな視点で見ると、介護男子も、毒まんじゅうも興味深いです

 

Googleがモバイル対応に対して検索結果に反映することを発表

http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2015/02/finding-more-mobile-friendly-search.html

ようやく日本語が出たので、掲載

Googleがモバイル対応しているページの検索結果をランキング要素として4月21日から実施します。

フューチャーフォン完全対応より、スマートフォン対応の方がハードル低いですが、これからスマートフォンページを作らないと駄目な企業はなかなか大変ですね。

しかし、地域、スマートフォン検索、スマートフォン対応で検索結果が変動する。
チェックするだけでも大変になってきましたね

大阪市東成区でかわさきひろき個人事務所オープンします

10406596_772087982887545_8986710242080607673_n

ついに、NANIWAワイワイCLUB かわさきひろき君が個人事務所をオープンします。
1月前になり、かなり慌ただしいですが、皆様宜しくお願いします

続きを読む

プロフェッショナル

かわさきひろき_プロモーション動画撮影 かわさきひろき_プロモーション動画撮影2

プロモーションの撮影をしていて、考えさせられたこと

今日撮影してくれた人は、業界20年、関西のキー局出身らしいです。

そして、写っている、かわさきひろきも、衛生業界20年。経営も7年やっています

僕も、セキュリティからネットに入り、商売を始めて20年。

 

ふとITの世界に戻ると

問題発言として言いますが、プログラマーが何でもやってしまう時代。

WEBも、デザインも、プログラミングも、

もっと言うと

サーバーも、運用も、SEOも・・・・・

勿論、予算が足りない、様々な要因があります

しかし、従来の予算が、一部以外は、極端に高かったとも言い切れません

その上で、プログラマーは、神様でもない。

 

プロモーション的に言うと、プロモーションが成功したと言えるでしょう

専門家ではないのに仕事が取れて、お金になって居る

勿論、専門家に任せる必要は無いのかも知れない

長い経験も、僕らが思うスキルもオーバースペックなのかも知れませんし、考え方も古いのかも知れません。

そして、今年、旧知のプログラマーから指摘されました

問題解決が出来るのが技術者であり、そうでない人は、技術者でもない。

 

そこで考えしまうのが、プロフェッショナルとは?です。
今日は、両者と別々に話をしながら、改めて考えてしまいました

色々考える事は、多いのですが、僕は、プロフェッショナルでありたいと考えて居ます。

ただ、変化のスピードがさらに速くなりました。

人の比較ではなく、自分自身で誇れるプロフェッショナルになりたい
プロフェッショナルと接すると、常に痛感することです。

頑張ります