サーバー&ホスティングサービスの紹介

弊社のホスティングサービスの名称
クロスリレーションネットワーク
http://xrel.net/
(現在、リニューアル中で、古い内容のホームページになります)

20141128_150653

 

↑弊社のストレージサーバーの一部

今年までの、弊社のビジネスの柱は、サーバーサービスです。

現在会社で借りている建物はハイツですが
この建物を選んだ理由は、改造自由、電気インフラ的に障害が少ない場所というのも選択理由でした。ビルに入居だと制限も多いので、その制限が少ない建物を選択しました

  • 防音
  • 電源の引き込み、
  • 回線の引き込み
  • 停電が起こる場所か?
  • 発電機をおけるか?

ぼろいハイツを一棟借りしている理由は実はそんなところでした。

今まで、全く取り上げてなかったのでそのご紹介を

主なサービス

  • ホスティングサービス(共用、専用サーバー)
  • サーバー管理サービス(マネージドサービス)
  • サーバー預かりサービス(コロケーション)
  • セミハウジングサービス
  • クラウド運用支援

が主なサービスになります。

数あるホスティングサービス会社がある中で
無名の弊社が生き残れた理由は

  • サーバーは止まることがある
  • サーバーは実は安くはない

この2点につきます

そしてそれは、サーバーで困るまで気付くことがないと言う事です。

サーバーが止まることがある
ファーストサーバーの大規模障害を初めとしてAWSや、有名なところでも障害というのはつきものです。
しかし、サーバーの障害は、サーバーサービスが必要な時に発生しない限り判らないものですし、自分の身に起こらない限り真剣に考え無いのです。

サーバー価格
ロリポップが月300円でレンタルサービスしていますが、探せば安いサービスは幾らでもあります。
そして、各社安い価格帯のサービスに力を入れているためか、費用対効果が高いサービスが多いです
個人的に、分岐点はユニークで5000前後から、画像が多いサイト、アプリケーションが動いているサイトは、もっと下の数値から動きが遅くなる症状が出てくると思われます

問題が発生するのは
金額が高いサービスに変更しても、効果が期待できない
もしくは、サーバー会社から、アクセス制限、もしくは、契約解除を求められるような状況になる時です。

良くありがちなのが、転送量です。

ハードウェア(サーバー)は極端に進化しましたが、値段があまり下がってないのが、回線料金。
ちょっとした人気のサイトになれば、転送量が掛かるのは当たり前。
良くある、転送量無制限というのは建前です。

転送量の例
カゴヤ
http://www.kagoya.jp/dedicated/flex/plan.html#plan01
レンタルサーバーさくら

http://server.sakura.ad.jp/function/connect-up/

金額を見てびっくりされる方も多いのではないでしょうか?

そのように、サーバーに関して困ったお客様の相談に乗り、解決することで、徐々にお客様を増やしていったのが、弊社のサーバーサービス部門です。

一時期は

ALEXAで

http://www.alexa.com/

に日本2000位以内に入るサイトが4サイト弊社で運営していた時期もありました。弊社のネットワーク内だけで、月間3億近くのPV、アベレージ200M/bps以上のトラフィックをたたき出していました。

そのぐらいの人気サイトの運用を経験し、今に至っているのが弊社のホスティングサービス部門です。

そして、この経験が、サーバーだけでなく、コンサルティング面でも生きています。

単にサーバーをレンタルするだけでなく、お客様と一緒にサービス運用を支えたり、1からサービスを構築したりする経験が、非常に経験になりました。

サーバーに困るほどの経験をした技術者、業者は少ないのが実情です。ほとんどの普通のサイトが多くても1日数万程度。平均100アクセスもあれば、万々歳。平均100M/bpsのトラフィック使い切りとか、経験しないと意味がわからないと思います。

考える基準は簡単です。
貴方のサービス、何円のサーバーに載せる価値があるんですか?
止まった時、クライアントに、○円のサーバー使っていたから落ちたと言い訳できるんですか?

オンプレミスも、クラウドも、サーバー運用に関してであれば、いつでもご相談ください。

 

20141128_150647

 

 

ネット選挙活用しきれず 11月27日神戸新聞夕刊から

ネット選挙

 

ネット選挙を活用しきれず 11月27日神戸新聞夕刊から

急な選挙でネットを活用し切れてない

もしくは、

従来型の選挙がメインで、ネットを軽視している、手が回らない。

と言う事らしいです。

先に行われた、都知事選の家入氏のことがさらっと触れられ
効果が少ないような事も書かれていたのですが

家入氏が行った選挙活動は
・準備無し
・ネットに特化した、従来型の選挙運動を全くしてない。
と言う事を考えると・・・・・・・

弊社の調査では、代理店のプロモーションは入ってないとのことでした。

 

弊社が行うネット選挙プラン、プロモーション

目標と、考え方はシンプルです。

  • 従来型選挙活動でリーチ出来無い層に情報を伝える(訴えかける
  • 候補者を知りたい方に、正確な情報を提供することです。

その上で、候補者に希望があるのであれば、出来るだけ希望に合わせます。

特に、ネットを過大評価しているわけではありません。

ネットを通じた選挙活動をやったから
・当選させます。
・○万票を集めます。
そんな判りやすい、嘘をつく気は有りません。

選挙は地道な活動が基本です

当たり前の事をコツコツ詰めていく

これはネットでも同じ。

さぁ、衆院選でのネット選挙、どんな活動が行われ、どんな結果が出るのか?非常に楽しみです

Royal Purple Oil 正規販売代理店会議

RPMO_logoBF-Outline

前回の投稿

Royal Purple Oil(ロイヤルパープルオイル) 正規代理店について

http://blog.kaiman.net/?p=855

に関して、まだまだ、売り上げが弱小な弊社が
TK化学開発(正規輸入元)
ウィズプロジェクト(正規モーターオイル統括)

の2社に、今後の動きについて提案させていただきました。

関心をユーザー、ひいては、取り扱いをしたい業者に対して、ヤフオクで取り扱っている業者が並行輸入の商品だというのを伝えてないのは、不親切ということを訴えました。

私は、勿論ですが、取り扱いをしていただいているクラフトカンパニー

いつも言われることは、そもそも、どこが取り扱いか判らない。
並行輸入はもちろん、アイエーテック様、フラットウェルレーシング様との違いがわからない。
使ってますよと言われても、素直に喜べない複雑さ・・・・・

 

自分がFuelEvoのブランドを製作、企画し、販売に至る過程でその問題点の本質がよくわかりました。

 

ここは、私の意見ですが、日本の正規品取り扱い業者は、Royal Puple Oil (ロイヤルパープルオイル)の品質だけで売れると、過信しすぎていたのです。

今一度、正規取扱店であるからこそ、お客様に正確な情報、サポートを提供できることをアピールする必要があると考えました。

現在、店も構えず、定価販売してない業者は、すべて並行輸入業者です。

しかし、きちんと15年近く取り扱い、サポートしてきているのが、TK化学開発です。
そして、代表の佐々木社長は、ケミカルのプロです。
ただの、ケミカルの商社ではなく、技術サポートも完全に行える人なのです。
私も、論理的なサポートが欲しい場合は、いつも電話させてもらっています。

そして、フォーミュラのカテゴリーまで自分のチームでレースをやり、今はドラッグを中心にサポートしているのが、ウィズプロジェクトの代表です。
今、車の分野でRoyal Purple Oil(ロイヤルパープルオイル)があるのは、ウィズプロジェクトの功績が大きいのです。

そして、2社に共通するのは、ロイヤル愛。
これは、本当に感じます。いろいろあっても、取り扱うのは、それが理由なんだなぁと。

 

それもわかった上で、今日は、思い切って電話し、どうにかならないのか、話をしました。

先に結論を言うと、問題点は、そんなところではないということでした。

詳しい説明は省きますが、僕の思っていたことは、白紙になりましたが、モーターオイルだけでも、正規勢姿勢を固められたらと思っています。

 

とりあえず、年内に、ミーティングして、来年勝負です。
Royal Purple Oil (ロイヤルパープルオイル) 正規物をよろしくお願いします!

 

ありがち

昨日の相談内容

  • サービス業
  • スタートアップから1年を迎える手前
  • 取りたいのは新規
  • 宣伝媒体はWEBメイン

WEB制作会社は、以前の会社の取引先の知り合いの紙系の代理店
SEOは、成果報酬型と、大企業の複数年契約型のサービス

と言う状態でした

社長は、アナログな人で、導入すらも反対だったが、何とか導入させた。
特にWEBに関しては、舐めていたわけではないが、余裕も無いし本当に判らなかった。

良くありがちな、相談内容です。

数時間、お話をし、問題点は明確化しました。
この段階で修正すれば、今までの失敗も最低限で、大幅な費用も掛からず、修正できます。

弊社が目指しているのは、如何にお客様に無駄なコスト(時間、金)を掛けさせずに、最大限の結果を出せるか?です
お客様のお金を使わせるだけのIT活用では意味がありません。

ITを活用し、お客様の経営を加速させていくこと。
IT活用も経営と同じく、解答は一つではありません。
そして、ITは手段であって、目的ではありません。

昔は、コストが掛からないイメージのITでしたが、コストも半端無く掛かります。

様々な課題を解決しながら、「お客様と一緒に成長し、笑顔」を理想に頑張って行きたいです。