FuelEvoMAX

徐々に問い合わせが多くなって来ました
スカラーの問い合わせも・・・・・
スカラーに関しては、もう少しお待ちください。

そして、車両を乗り換えたお客様からレポートが
インプレッサからE60の525iに乗り換えたお客様
まだ、ご自身では乗られてないらしいのですが、

ディーラーの担当が転がしただけで判った
ファーストインプレッションを頂きました

BMWの担当Dさん、FuelEvoMaxに驚いていた。オイルで違いが分かったのは人生で初めてだと。彼曰く、トルクが途切れない、アクセルの開け方が明らかに変わると。やはり分かる人には分かるみたい。

欧州車の相性は特に良い、FuelEvoMAXですが
今回は最初の交換です。
指定粘度チョイ固めで渡しています。

それでも、判ったと言うことは
強烈な油膜による、圧縮のアップとフリクションロスが効いたのでしょう。

次の効果は、
・オイルの食いの減少
そして、エンジンルーム内の温度は、過酷な状況にあるので、その辺から、エンジンを保護してくれると考えて居ます。

オイルって、たかがオイルされどオイルです
確かに、限られた条件下で使う場合は、交換サイクルさえ間違わなければ、
失敗はありません。

 

話は変わって秒速の人
http://ameblo.jp/yozawa-blog/entry-11834514071.html

急に出てきて、いろんな意味で話題になった方

NPOでの活動経験が良かったのか、ストーリーは作られていく
というのは、この4,5年で一番学んだことです

だから、本当のことは、全く判らないし、判ろうとも思わないのですが

真相はどうなんでしょ?

さて、頑張ります

 

検索エンジンマーケティング

この二年、大手のポータルサイト2社と別々に、あるサービスサイトの運営に関わりました。
両社とも

  1. お金を掛けて、サービス(サイト)を構築
  2. データ解析のプロが居て、現状分析と問題解決を即座にこなしていく体制がある
  3. ポータルの顧客、経験などの資産も豊富
  4. きちんとした営業部隊、メールでの落とし込み部隊も居る
  5. 莫大な広告宣伝費がある

なかなかここまで環境が整ったプロジェクトに関わらせて貰えることも珍しいので、本当に勉強になりました

元々キャッシュフローが莫大なジャンルのサービスです
広告単価も高い分野ということは理解していました

そこは、大手2社
やり方は対照的でしたが、

  • 自社のポータルで宣伝
  • メール宣伝
  • 各媒体に宣伝

お金を使う、あらゆるプロモーションを、共に経験したり、分析することが出来ました。
勿論、ただ金を使うだけでなく、分析をリアルタイムでしながら、戦略を組み立てます

そしてその過程で、その分野に関わる様々な業種の方に会いました

  • 新聞
  • 大手広告代理店
  • 大手サイト運営者

その他様々な人に・・・・


けれども、このジャンルの共通の悩みなのですが、とにかく検索エンジンに掲載されないのです。

結局2社とも、ここに終始しました。
両社とも、半年間は、売り上げを全て広告費に計上
僕らが見てもここまで金使ってもどうにもならないのかと思うぐらいでした


そこまでやっても、全く引っかかりませんでした。

この理由も、初期段階で判っては居たのですが
ひょっとしたら、ここまでの大手なら、切り崩せるかもと期待していました。

その経験を踏まえて、そのジャンルの自社サービスを1月から開始しているのですが

検索エンジンに載ってきました
正直、この部分は、諦めていた部分でしたので、驚きました。
開設当初、目標にしていたサイトの順位に肉薄しています。

僕らのプロモーションサービスの胆の部分が効いた!
と言えばそれまでなのかも知れませんが

現段階では、そこまでやっていません。当たり前の事の積み重ねだけです。

今回の件、分析は必要ですが、
弊社のプロモーションサービス結構いけそうかもと確信に変わりました

D-MAX号 にFuel Evo MAXステッカーが!

IMG_1505

 

まだ、自社でも作ってないのに、作って貼って頂きました
今年から、燃料&油脂類もFuelEvo製品で全部サポートしています
今年からNOSが無いのですが、ウェイト減+タイヤのグリップ増のためか、FSW予選では、なかなかの速度を記録したそうです。

調子も良いらしく、もう少しこのスタイルで行くそうです!

そして、5月までに、新規でショップさんが2社試して頂けるそうです

5月までにスカラーメニューを考えます。