家入一真氏に見るネット選挙

今回の都知事選
全く興味はなかったのですが

家入一真氏の出馬で俄然興味がわいてきました
公言していることは、選挙活動は、ネットのみの、草の根ネット選挙。

実は、ここまで、本当の意味での、ネット選挙はほぼ有りませんでした
有名人が、既存のメディア使ったり、実際は、地道な活動もしていたりと、ネットだけの効果測定が見えにくい物でした。

しかし、家入氏は、

  • ネットでしか選挙活動はしない、
  • お金を掛けない選挙(供託金すらも、借りて出馬するくらい(堀江さん)、)

とも発言されていました。

言葉をそのまま受け取ると
ネットの活動だけが結果に反映される、初めての選挙になるかも知れ無いからです。

いつか書いたのですが
ネット選挙は、

  • 広告代理店
  • ITコンサル
  • 選挙コーディネーター

この3つの業態が関わり、

本音を言うと、やらないよりは、やった方が良い
まだ、結果がはっきりしない領域と考えて居ました。

友人の選挙を手伝いながらベンチマーク出して行き、模索していく物だろうかと・・・・・

今回に関しては、広告代理店にも情報を聞きました
そして、結果は
http://www3.nhk.or.jp/shutoken2/senkyo/

考える事は、色々多いですが
僕が考えて居た以上に、効果はありそうです。

  • 家入さんの知名度
  • 目立った候補者がいない
  • 論点がずれた(原発、前都知事の問題)
  • 投票率
  • 東京
  • 都知事選

様々な要素は有りますが、

色々考察する必要はありそうです