メモ

加藤氏のBS番組から

  • 人に好かれたいことを隠さない
  • 造形や、方法論にこだわるな

加藤氏は、バラエティーのイメージしか無いんだけど
ぱっと、こういう切り返しが出来るって、賢い人なんだなぁと痛感

自分も、反省。

こびを売る気はないけど、嫌われる必要も無いですね

好かれる人にならなければ。

幸せになる無料戦略とは?

優良な情報、技術にはお金が掛かると思っています。

 

最近、YouTubeを初めとして、Gmailなど便利で高度なサービスが無料で提供されるため、忘れがちになっています。
ただが、当たり前。もしくは、低価格で当然。こんな風潮さえあります。

フリーミアムなども同様。

これらは、オープンソースなどの考え方が拡大解釈されたとも言えるのでしょうが、何でも無料だという考え方が浸透してきて、どういうビジネスモデルが一番最善解なんだろうと思うことがあります。

今携わっているサービスで、NPOをサポートして頂いて居る、広告代理店と話をしたときのことでした。

今のサービス(特定のジャンル)の無料客というのは、3種類しか居ない。
そして、大多数を占める、お金を払ったら、負けと考えて居るユーザーは、100%に近い確立で、お金を払う側には行かないのだと。

これに近い表現は、某ポータル運営のLとサービスをやったときも、担当者が言われていました。

そして、それが当てはまる場合、課金するユーザーには相当な課金を施さないと無料ユーザーの経費はまかなえません。

 

広告代理店すら、ソーシャルは・・・・・・と、僕らにも言い切る時代

無料戦略(サービス)で、ユーザー、サービス提供者とも幸せに為る戦略ってどうすることなんだろう?

改めて、悩んでしまいます