Fuel Evo 110 色々報告が

fuelevo

いろいろFuel Evo 110に関して報告が・・・・

まず、九州のプライムガレージ様のローレル
FSWで52秒台出たとのこと
ファイナル4.1とSR20でのタイム。

かなり凄いことでは?
MTブローと、ギヤが230キロぐらいで吹けきるため、ファイナル交換とMTで今のままでも、40秒台入りそうという報告でした
九州行って、一度は見たいなぁと

そして、埼玉のAjitoさん
ゼロヨンで良いタイムの報告が
元々NOS使っていた車両だったらしいのですが、上でちょっとふけが悪いため、燃料を使って頂いたとのことでした。

タービンもノーマルのママで11秒前半だそうです。

 

そして、REMSのかっつんさん
http://minkara.carview.co.jp/userid/710615/blog/31620330/
今週末のチューニングフェスタに出場するそうです。
ユーザーに一番近い形の車両なので、結果楽しみです

個人的には、一番長い間に乗っていた車両がREなので、かっつんさんには夢を抱いています。
正直、500万ぐらいは使わないとスタートラインに着けないような感じなので、そこを覆してほしい。

とりあえず、楽しみです♪

awstats 個人的メモ

久しぶりにインストールしてはまったのでメモ(CentOS6ミニマム)

yum install awstats 
(RPM Forgeインストール済)

・日付の修正
vi /var/www/awstats/awstats.pl

9932行目
#$Message[5] $MonthNumLib{$MonthRequired} $YearRequired”;
“$YearRequired $Message[6]“.$MonthNumLib{$MonthRequired};

12611行目
 #       print( $MonthRequired eq ‘all’
 #               ? “$Message[6] $YearRequired”
 #               : “$Message[5] ”
 #                 . $MonthNumLib{$MonthRequired}
 #                 . ” $YearRequired”
 #       );
 print ($MonthRequired eq ‘all’? \
“$YearRequired $Message[6]“:”$YearRequired $Message[6]“.$MonthNumLib{$MonthRequired});

 ・文字化けの対策

Jcodeインストール(入っているなら飛ばしてください) 

cpan Jcode

YAMLが足りないと言われる^^;

再度挑戦
make が通らないと言われる

悩む。

forceでインストールするも、失敗

色々調べて、Test::Moreこの辺のモジュールかなぁと判断

cpan Test::More

そして、再度

cpan Jcode

いけました

# cpan Jcode
# vi /var/www/awstats/awstats.pl

21行目
use Jcode;

7796
sub DecodeEncodedString {
        my $stringtodecode = shift;
        $stringtodecode =~ tr/\+/ /s;
        $stringtodecode =~ s/%([A-F0-9][A-F0-9])/pack(“C”, hex($1))/ieg;
        $stringtodecode =~ s/["']//g;
        Jcode::convert(\$stringtodecode, “utf8″);

 

rm /etc/awstats/awstats.localhost.localdomain.conf
rm /etc/awstats/awstats.`hostname`.conf

cp /etc/awstats/awstats.model.conf /etc/awstats/awstats.google.com.conf
ドメイン部分は自分の環境で書き換え
僕の環境は複数のサイトを解析するために
サブドメインで、切り分けています a.google.com b.google.com みたいに

vi /etc/awstats/awstats.google.com.conf

SiteDomain=”localhost.localdomain”

SiteDomain=”a.google..com”

HostAliases=”localhost 127.0.0.1 ]”
除外したいアクセアス元を記述

DNSLookup=2

DNSLookup=1

#LoadPlugin=”geoipfree”

LoadPlugin=”geoipfree”

vi /etc/httpd/conf.d/awstats.conf
任意の環境に設定をする

 vi awstats.sh

#!/bin/sh

logfile=`grep ^LogFile /etc/awstats/awstats.$1.conf|sed -e ‘s/LogFile=”\([^ ]*\)”/\1/p’ -e d`
for log in `ls $logfile*|sort -r`
do
    `rpm -ql awstats|grep “awstats\.pl”` \
    -config=$1 -update -logfile=$log
done

最初に動かす

sh awstats.sh a.google.com

http://Webサーバー名/awstats/awstats.p

これで見れる