カテゴリー別アーカイブ: WordPress

word press にログイン出来ない

弊社のEC用のアプリケーションサーバーで発生
トラフィックはそうでもないのですが1日150万から200万PVあるサーバーです。

深夜、Word Pressにログインしようとすると出来無い。。。

突然、足し算でロボットでないか認証し始めました。。。

前後で、何かいじった覚え無し、朝まで正常稼働しているし、WEBも表示している。

パスワードが違う?と思い、何度か入れ替えてみるも、挙動は変わらず。

とりあえず、検索

Word Press Codex日本語版

↑ここを参考に、対応して見るも変わらず。

冷静になり、違った操作を・・・・・

全く違うパスワードを入れると→間違えたと出る

正解と思われるパスワードを入れると→同じ画面に戻るだけ

それと、同じサーバーに乗ってる他のWord Pressサイトは動いているし、ログイン出来ています。

とりあえず、DBいじるかと
久しぶりにPhpmyadminの操作を決意
httpd .confを書き換えてログインしようとすると

これもログイン出来ない。。。。。。

 

ここでようやく、問題は別だと感じました。

ディスクフル?

チェックしてみても、超巨大なストレージなので10%も使用していませんでした。

キャッシュ回りがエラーしているんだろうか?
と思い、全てバックアップを取ってから、再起動。

データベースが接続できませんのエラー。

 

再度真剣に原因追及してみると

/dev/mapper/vg_server200-lv_root   が100%になっていました。。。。

そういうことかと、判りました

そうなれば、/dev/mapper/vg_server200-lv_root   の領域を大きくするだけです。LVMだから便利です

/dev/mapper/vg_server200-lv_root   の領域を4倍にする

/dev/mapper/vg_server200-lv_home  を増やした分を減らす 今回は150G

wpid-wp-1472962060712.jpg

ざっとした手順

single モードで起動(Cent OS6)
1,起動時、キーを押す
2,E
3,kenrl で始まる行に移動し Eを押して single 加える
起動後
4,df -h
5, umount /home
6 ,fsck.ext4 -f /dev/mapper/vg_server200-lv_root
7, resize2fs 1550G
8, lvreduce -L 1550G /dev/mapper/vg_server200-lv_home
9, mount -t ext4 /dev/mapper/vg_server200-lv_home /home

一度確認
df -h

10, lvextend -L 200G /dev/mapper/vg_server200-lv_root
11,resize2fs /dev/mapper/vg_server200-lv_root

これで終了

再起動すると OKでした。

深夜で尚且つ、親不知抜いて、晴れ上がった左下歯茎で朦朧としていましたが何とか復旧

ディスクサイズに余裕を取っていたのと、ファイルサイズが増える様な運用をしないので、油断していましたが

/dev/mapper/vg_server200-lv_root ←この領域がフルになることは、負荷が高いサーバーは最初から余裕を持っていた方が良いかもです。

そして、2時間後。

一つのサイトだけ、記事が全部消えてるとスタッフから報告。

他のサイトは稼働しています。

まぁ、DBだろうと辺りは付いていますので

mysqlcheck -c DB名 -u root -p

でチェック。 テーブルが壊れてました。
mysqlcheck -r DB名  テーブル名 -u root -p
修正
mysqlcheck -c DB名 -u root -p
最終チェック

参考
http://d.hatena.ne.jp/jitsu102/20120106/1325799325

自社だから良い物の、お金が動いているサーバーなので、無事復旧できて良かったです。
弊社の場合、スタンドアローンでサーバーを使わせて頂ける場合が多いので、今回の件は初めてでした。もっと負荷が高くて、トラフィックも高いサーバーは数台有るのですが、17年のサーバー歴で初めての出来事でした。

Word Press 本格運用開始します

image

 

自己BLOG(MovableType)でDB破損

そこから、修復に時間を掛けるよりも、WordPressを使ってみよう
とそのまま移行

運営して1年あまり

自社関連のサイトや、ブログで1年使い、運用側のスキルが貯まってきたので、本格的にお客様にもサービスを提供開始します。

サイト制作から、チューニング、SEOまでご相談ください。
一通り、大手代理店交えながら、自社で実践してみました
ただの外注屋よりは、100倍役に立てるはずですw

どのサイトもユニークは500から2000強/day有るので、運用の勘所は何となく見えてきました。

使ってみると、ウェブアプリとしてみると、相当重いです
それと、大規模な運用には少し向いてない
結局、本体に改造が必要だから、その場合、敢えてWordPressと言う理由が見つかりません。
それと、簡単なように見えて、制御するには、相当な手数が居る
簡単ってのは、本当ですが、ほぼ嘘です。

ただのCMSとして考えると、いじくる前提で、きちんとした、制作会社に作って貰って、いじるのはDreamWeaver覚えた方が早いじゃないか?

と正直思ってしまいますが

良い部分も見えてきました。

そして、この本

WordPress プロフェッショナル養成読本

この関連の書籍、求めている内容が載ってる場合、良いと思うこともしばしばなのですが、ことWordPressは本にするのは難しいですねぇ。

これ、いじって使ったあとだから言えます。

CentOS6 にAPC インストール

ついでと言う事でAPCをインストールする

ちなみに、CentOS6はミニマムインストールです

pecl install apc

エラーが出て通りません

yum install httpd-devel
yum install pcre-devel

pecl install apc

いけました
vi /etc/php.ini

extension=apc.so
を追記

今回は、apc.iniも設定

vi  /etc/php.d/apc.ini

extension = apc.so
apc.enabled = 1
apc.shm_size = 512M
apc.ttl = 86400
apc.user_ttl = 86400
apc.gc_ttl = 86400
apc.stat = 1
apc.num_files_hint=1024apc.optimization=0

細かい設定は、変えてください。

今回は、GUIで確認したいので
/usr/share/pear/apc.php を任意のフォルダーに移動してWEBから見れるようにします

できれば、このファイルはアクセス制限を掛けられる位置にしてください

その上で
httpd 再起動

 

CentOS6 にimagemagick インストール

これも、WordPress系のプラグインで必要に迫られ
EXIV Remove IMw

yum  install ImageMagick
yum  install ImageMagick-devel
 pecl install imagick

peclが有りませんでした^^;

yum install php-pear

peclをインストール

再度
pecl install imagick
も、phpize : command not foun……
つまり、phpizeが有りませんでした

yum install php-devel
でphpizeをインストール

pecl install imagick

通りました
vi /etc/php.ini
extension=imagick.so
を追記
httpdを再起動でようやく使えるようになりました^^;